ブログトップ
<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
嫌われ松子の一生
c0073405_027019.jpg

<キャスト>
中谷美紀・瑛太・柴咲コウ・ゴリ・劇団ひとり・カンニング竹山・蒼井そら・柄本明・BONNIE PINK・AI・伊勢谷友介・黒沢あすか・土屋アンナ・宮藤官九郎 etc…

<スタッフ>
監督:中島哲也(「下妻物語」)
原作:山田宗樹
製作年:2006年/製作国:日本
カラー/2時間10分

<採点>
82点

<ストーリー>
壮絶な不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、その人だけを信じて突き進む…、傷ついても、傷ついても愛する人への思いを胸に夢を見つづける松子。誰がどう考えたって不幸な人生なのに、彼女にとってはすごくハッピー!最後の最後まで夢見ることをやめなかった松子。
「下妻物語」の中島哲也監督が贈る、おかしくて切ない、全く新しいシンデレラストーリー!!

<感想>
ひさしぶりの映画館。というのも見たい映画がさほどなかったんですよね。でもこれは公開前から見たかった。絶対面白いと思ってました。そして、うん。やっぱりとても面白かったです。
始まってちょっとした頃は、「あれ?これ大丈夫かなぁ~、もしかして映像だけの映画?」って思っていたけど、そんなの始めだけ。終わってみると、とてもキュートでストーリーもホロリと泣けるとてもいい映画でした。
下妻物語の監督という事で期待していました。でも、また違った感じですね。僕は嫌われ松子の方が好みです。劇中にちりばめられたギャグは、まぁお寒いものもありましたけど(ていうか、さほど面白いわけでもないのにしつこいのがあったw)、映像はとても可愛いく色合いも良くって僕好みだったから、楽しい2時間だった。ラストもいいですね~。
全体を通して、時間の使い方というか、見せ方がうまいなって思った。表側を見せて、裏側を見せる感じですね。そして、泣けるんです。中谷美紀の体当たりの演技も良かったです。変顔しまくってるのに、可愛いと思える、綺麗だなと思える。魅力が溢れていました。
松子の一生はやっぱり、僕は不幸だと思うけど、あれだけたくさんの人を愛し、愛された人生はやっぱり幸福なのかもしれない。結局ね、幸せは形があるものじゃないから、誰にもはかれないんですよね。他人が自分の中の価値観でどう思おうが、不幸だと決めつけようが、それを決めるのは本人次第。「私は幸せ」と言えば、それはまぎれもない幸せなんですね。

「人間の価値って、人に何をしてもらったかじゃなく、人に何をしてあげたかってことだよね―」

メルヘンなおとぎ話のような、ちょっと切ない、だけどなんだかハッピーになれる、そんな映画です。おすすめ♪


PS.最後に関係ない話を一つ。映画終わった後の、隣に座っていたポッチャリカップルの第一声。「もっと長かったら、ポップコーン全部食べれたのにな!」 
・・・て、おい!! 映画の感想は?? 小ネタ? しかもポップコーンが地面に散らばりまくりだし。むーーん。。。でも、この映画館のキャラメルポップコーンはめちゃうまいですw。はい、つまらん話をすいませ~ん♪
[PR]
by amaki_ichigo | 2006-06-12 00:59 | 映画館