ブログトップ
2005年 06月 17日 ( 1 )
世界の中心で愛を叫ぶ
c0073405_9583145.jpg<キャスト>
大沢たかお(「解夏」)
柴咲コウ (「着信アリ」)
森山未來 (「ウォーターボーイズ」)
長澤まさみ(「黄泉がえり」)
山崎努(「GO」)

<スタッフ>
監督:行定勲(「GO」)
撮影:篠田昇(「リリィ・シュシュのすべて」)
原作:片山恭一
製作年:2003年/製作国:日本
カラー/2時間18分


<採点>
69点

<ストーリー>
朔太郎(大沢たかお)はまだ、自分の結婚に現実を感じられていない。そんな時、婚約者・律子(柴咲コウ)が二人の新居に書き置きを残して突如、失跡する。律子の行き先が四国だと知り、そのあとを追う朔太郎だったが、そこは初恋の相手・アキ(長澤まさみ)との思い出が眠る場所でもあり、朔太郎はしだいにその想い出のなかに迷いこんでしまう。

――現在と思い出の迷宮をさまよう朔太郎と律子は、やがて、隠れていた「真実」を手繰り寄せる。そして、かつて伝えられることのなかったアキの最期のメッセージが、十数年の時間を超えて朔太郎のもとへ届くこととなる……。


<感想>
今更ながらの『セカチュー』 w
ドラマ番と比べると、劇場番は見劣りする内容でした。やっぱ短いし、オリジナルな部分が無理からだろ~的な内容に思えてしまったので。
メインキャストはかなり良かったんですけどね。でも広瀬亜紀役はドラマ番の綾瀬遥の方がよかったな~。だって、彼女の方が可愛いから♪
大沢たかおは男前ですよね~。しぶいっす。森山未來も個人的に好きです。二人は顔も似てるしねっ。いい選出です。

小説も読みました。流行る少し前くらいかな。映画化も何も決まってない頃だったし。何気に購入した割には、そこそこ満足な小説だったんです。でも、なぜこんなにも流行ったのがが、分からないです。日本人特有の流行りにドバーッてやつかなぁ?まぁ僕もその一部になっちゃうけどさ。もっといい小説や、映画ってたくさんあるし、そこまでの物語とは思えないですねぇ。
それでも、活字離れとか言われてる現代で、小説に興味を持った人がこんなにもいたって事は嬉しいですね。僕も物書きを目指しているので♪

なんだか話が感想とずれてますね。とにかく、まぁ…悪くはないです。泣けるシーンもありますし。見て損はないはず。ただ、僕はそれだけでした。小説→ドラマ→映画と見てきたので飽きちゃってね~。
しかし、人が死ぬ物語があまりに多くないですか…?そりゃ、涙さそいやすいですけどね。なんだかな~、『死』を抜きで、いい作品が見たいな。そんな中で、行定監督の他の作品 (『GO』『きょうのできごと』) はかなり好きなので、今後にも注目していま~す。
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-06-17 10:00 | DVD