ブログトップ
2005年 04月 07日 ( 1 )
マルティナは海
c0073405_7381539.jpg<キャスト>
レオノール・ワトリング
(「トーク・トゥー・ハー」)
ジョルディ・モリャ (「ブロウ」)

<スタッフ>
監督:ビガス・ルナ(「ハモンハモン」)
製作:アンドレス・ビセンテ・ゴメス 
製作年:2001年/製作国:スペイン
カラー/1時間40分


<採点>
51点

<ストーリー>
地中海沿岸の小さな町。カフェで働く美しい娘マルティナと、赴任してきたばかりの文学教師ウリセス。2人は激しい恋に落ちるが、ウリセスの突然の失踪により、愛の日々は突然の終わりを迎える。数年後、町の有力者と再婚し、平穏な生活を取り戻したマルティナの前に死んだはずのウリセスが現れ…。

<感想>
なんじゃこのストーリーは??って映画でした。無理やりだし、話ポンポン飛ぶし、わがまま全快な男と女だし、ひさしぶりに全然面白くありませんでした~。
「トーク・トゥー・ハー」で好きになった、レオノール・ワトリング主演という事で借りたんですけど、この監督はただただ彼女の裸が見たかっただけなんじゃないの?って思ったほど、ストーリーが駄目でしたね。彼女の美しい裸体が見たい人なら、80点だと思うけど w 
それ以外の方は、見なくてもいいと思いました w
この映画はさておき、惜しみも無く裸をさらけ出す勇気や体当たり根性、注目の女優さんですね。
って事でハダカハダカという言葉がたくさん出てきたけど、それ以外印象に残んなかったんですよね~。とまぁ、そういう事で裸が見れただけでも良かったという事にしておこう。
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-04-07 07:47 | DVD