ブログトップ
サイドウェイ
c0073405_553945.jpg<キャスト>
ポール・ジアマッティ
トーマス・チャーチ
ヴァージニア・マドセン
サンドラ・オー
メアリールイーズ・バーク





<スタッフ>
監督:アレクサンダー・ペイン(「ジュラシック・パーク III」)
音楽:ロルフ・ケント(「ニューヨークの恋人」)
原作:レックス・ピケット
製作年:2004年/製作国:アメリカ/ハンガリー
カラー/2時間10分
2005年アカデミー賞 脚色賞 受賞
2004年ゴールデングローブ 作品賞 脚色賞 受賞
その他映画賞 87部門受賞


<採点>
79点

<ストーリー>
小説家志望の中年の国語教師マイルス(ポール・ジアマッティ)は、ことワインに関してはオタクといえるほどの深い知識と愛情を持っていた。大学時代からの悪友ジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)の結婚とマイルスの小説の完成を祝して、結婚式前の1週間、二人してワイン・ツアーと洒落込むことにした。マイルスは、人生の憂さをワインに夢中になることで粉らせようとしている。そんなマイルスが旅の途中で出会う、ワイン好きの魅力的な女性マヤ(ヴァージニア・マドセン)。さまざまな事件を通して、旅はいつしかマイルスが自分自身を見つめ直す旅へと変わっていく…

<感想>
公開前から見たかったんですよね。でも結構こういうの好きな人って周りにいないから、まー1人で見るか、DVDを待つことになるんだろうなって思ってました。予告みて面白そうって思う人、世間的にもそんないないだろうなって思ってたんですよね。でも、いつの間にか映画賞とりまくってるしw。びっくりだわ。
慌しい日本人向けでない淡々とした映画です。ってそんな事もないかw? すきな人はどっぷりはまりそうだし。で、性格の真逆の二人が旅をして、その中でワインを楽しみ、恋をする。悪くない作品ですね♪
基本的にネガティブで、いろんな事が空回りしてる主役のおっさん。出版の話が持ち上がるけど、やっぱりうまくいかないおっさん。落ち込んでは自暴自棄になるおっさん。その度、友人に「夢を諦めるな!小説を書き続けろ!」と励まされています。僕も作家を目指す身。自分と重ね合わしてみていたら、なんとなく気が気でなかったですw。
好きなシーンがありました。それは車が溝にはまるシーン。最高ですねココ。そうそう、人生ってこういう時はこういう風なオチが待ってるんだよね、ってさ。あとね、大切なワインを開けて飲むシーン。意外とそんなワインって、そんな飲み方するものなのかもね~て思いました。ラストも良かったです♪
この映画は、途中までダラ~っとしていて眠たいけど、後半部分はとってもいいですね~。思い返すと、もう一度見たくなるような映画です。

人生はワインのようなもの。じっくりと熟成していき、じ~っくりと味わうのが、おいしく生きるこつなのかもしれませんね。映画もまたワインのように、じわじわと胸に浸透していく、後引く良さがありました♪
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-10-12 06:33 | DVD