ブログトップ
シンデレラマン
c0073405_15374919.jpg<キャスト>
ラッセル・クロウ (「ビューティフル・マインド」)
レネー・ゼルウィガー(「レネー・ゼルウィガー」)
ポール・ジアマッティ(「サイドウェイ」)

<スタッフ>
監督:ロン・ハワード
(「ビューティフル・マインド」)
製作:トッド・ハロウェル
(「ダ・ヴィンチ・コード」) 
製作年:2005年/製作国:アメリカ
カラー/2時間24分


<採点>
78点

<ストーリー>
絶望的な貧困の中で家族のために必死にチャンスをつかもうとする男の実話を基に描いた感動の人間ドラマ。
ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。そのため日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。

<感想>
劇場で実話と知りました。これが実話って、すごすぎ。かっこよすぎですよ。とりあえず、見る前からある程度までわかりますよね、展開が。それでも感動しますよ。わかっていても泣かされる。それが実話だからなおさらにね。
ただね、えらく大々的に、話題になってますが、そこまでではないなぁと思います。とってもいい映画だけど、めちゃめちゃいいレベルではなく、無難にいい映画だったーと思うちょっとだけ↑くらいですw。だから78点。同じボクシングものでいえば「ミリオンダラー・ベイビー」のがいいですね。深いというか、残るから。
でも、このブラドックってボクサーはめっちゃ男気があってほんとかっこいいって思う。男性はぜひ見てほしい映画でもあります。亭主関白で、やいのやいのーと偉そうにしてる事がかっこいいと勘違いしてる旦那。嫁の顔色気遣って、優しさを演じてる旦那。息子に平気で嘘ついたり、仕方ないって言葉ですませて約束破る旦那。ぜんぜん駄目!ブラドックを見習ってと言いたい。極端な言い方だけどねw。とにかくブラドックは男です。家族を守るため、約束を守る為にはすべてのプライドを捨て、人々の希望のために、時には自分のプライドのために戦う。そして…
あーー、ホント心暖まるいい話です。ポロポロと涙が零れました。こんな男、こんな父親になれたらいいなと思いました♪
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-09-26 15:39 | 映画館