ブログトップ
アップタウン・ガールズ
c0073405_2145191.jpg
c0073405_214628100.jpg
<キャスト>
ブリタニー・マーフィ
(「ジャスト・マリッジ」)
ダコタ・ファニング
(「アイ・アム・サム」)

<スタッフ>
監督:ボアズ・イェーキン(「タイタンズを忘れない」)
撮影:ミヒャエル・バルハウス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」) 
衣装:サラ・エドワーズ(「ディアボロス/悪魔の扉」)
製作年:2003年/製作国:アメリカ
カラー/1時間33分


<採点>
71点

<ストーリー>
 ニューヨークのアップタウンに住むモリーは、伝説的なロックスターだった父親の遺産で何不自由なく暮らし、毎夜毎夜のパーティ三昧の日々。だが、財産管理人の策略により、遺産は持ち逃げされ、ある日突然無一文に。彼女が、やっとのことで見つけた職は、女性レコードプロデューサーの娘レイのベビーシッター。だが彼女は8歳にして人生を達観している可愛げのない女の子。子供のように奔放なモリーと、子供であることを忘れてしまったレイ。何から何までそりの合わない“大人と子供”だったが、レイの秘密を知った時、2人の関係にも変化が訪れる。


<感想>
大人びた女の子と、大人になれない女性の友情を描いた感動作。少しずつ心を開いていく様に涙がホロリ。単純な映画だから、ただの時間潰しや、何も見たい映画ないけど何となく映画見たい時(そんな時ないですか?)、少し元気を溢してしまった時に、いいかもしれません。あまり印象に残る映画ではないですけどね。優しい涙を流せるんじゃないかな。
でもね、僕は天才子役ってあまり好きじゃないんですよね。ダコタちゃんのインタビュー見たんですが、なんか偉そうだしw。「A.I」のオスメント君インタビューにしても、子供らしさがないんですよね。肘掛けに両腕を掛け、足をガバーって組んで、ふんぞりかえって受け答えですからw。
まぁ、僕がこの歳の頃を思うと子役の子達ってすごいなと思いますけどね。ていうか比べてしまうとね、タイムマシンで昔に戻って僕自身に注意したくなるかなww。『も~!何してんねん、アホか!』てね(大したアドバイスが出来ないから、ただ勢い的に叱ってるだけ)。
見て損するような映画ではないと思います♪
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-07-02 21:50 | DVD