ブログトップ
パッション
c0073405_2011263.jpg
<キャスト>
ジム・カヴィーゼル(「シン・レッド・ライン」)
モニカ・ベルッチ(「マトリックス リローデッド」)
マヤ・モルゲンステルン(「ユリシーズの瞳」)

<スタッフ>
監督:メル・ギブソン(「ブレイブハート」アカデミー賞受賞)
製作:メル・ギブソン、ブルース・デイヴィ 、スティーヴン・マクヴィーティ
製作総指揮:エンゾ・システィ
共同脚本:ベネディクト・フィッツジェラルド、メル・ギブソン
製作年:2004年/製作国:アメリカ
カラー/2時間07分

<採点>
60点

<ストーリー>
イエス・キリストの最後の12時間と復活の物語。紀元前1世紀のエルサレム。十二使徒の1人であるユダの裏切りによって大司祭カイアファの兵に捕らえられたイエスは、救世主を主張する冒涜者として拷問され始める。

<感想>
上映当時から話題作で、見てみたいなと思っていた映画の1つです。映画自体の作りはすばらしいものなのかもしれません、だけど僕にはちょっと、とっつけなかったです…途中で何度も見るのをやめようと思いました。
とにかく拷問の描写が激しくて、僕にとっても拷問な二時間でした。まず、予備知識がないので、拷問シーンに目がいってしまうんですよね。処刑される意味もあまりわからなかったです。聖書などを読んでいたら違った見方ができたのかもしれませんね。
とにかく、僕は後味の悪い映画も好きなんですが、これはちょっと無理でした。妙に現実感があったので、とにかく辛かったです。

怖いと思ったのは人間ですね。鞭でなぶって、高らかに笑いあう集団。徒党を組んで、一人の無抵抗の人間を拷問する。悪い言い方だけど、すごく胸くそ悪かった…でも、こういった群集心理ってのは、現代人にも通ずるところがあると思うので、その醜さや愚かさや怖さなど、胸に伝わってくるものはありました。

この映画は賛否両論わかれるんでしょうね。とりあえず僕にとっては良くも悪くも、衝撃作でした。後々残りそうな映画ですが、二度と見ないと思います。気になったのは、R指定がなかったような気がするんですが、こんなの子供に見せていいんでしょうか?
[PR]
by amaki_ichigo | 2005-03-19 20:14 | DVD